Soccer D.B. BLOG

クラブW杯の大陸別成績

2014/12/23 17:13:00

12月の風物詩となったクラブワールドカップの2014年大会が先日終了しました。日本以外の開催だといつの間にか始まったという感じが否めないのですが。 今回のクラブW杯は2005年に現行方式で始まってからちょうど10回目の大会でした。ということで、これまでの結果を振り返ってみようと思います。

優勝から4位までのチーム一覧

優勝から4位までのチーム一覧

これまでの大会の4位までのチームを並べてみました。色は大陸分けを表しています。欧州vs南米という決勝戦が8割。アフリカ勢は2度決勝進出経験がありますが、アジア、北中米、オセアニアはまだこの壁を越えられていない状況が続いています。

では次に大陸別の試合結果の集計を。

大陸別成績

大陸別成績

データ集計上、PK戦に入った試合はdraw扱いに、またオーストラリアのチームはすべてアジアで計算しています。開催国枠のチームもそれぞれのカテゴリーに当てはめています。その結果を集計し、勝率順に並べたのが上の表です。

圧倒的なのは欧州で次いで南米という特にサプライズもない結果に。この2つはまだクラブW杯ではPK戦を経験していません。以降は北中米、アジア、アフリカ、オセアニアと並びます。日本、UAE開催がほとんどなので、開催国枠も含めてアジア勢は試合経験数が多いのですが、それでも決勝進出には至っていない状況。
大陸間の対戦成績を見るとさらに傾向が出てきました。

大陸間対戦成績

大陸間対戦成績

欧州、南米が他の大陸に対してほぼ全勝なのはこれまで紹介した結果からも分かる通り。面白いのはアジア×北中米×アフリカの対戦成績ですね。アジア勢はアフリカ相手に6勝1敗(PK戦2回)といい相性ですが、北中米には1勝5敗(PK戦3回)とあまりよくない成績。その北中米はアフリカ勢とは4勝4敗で互角っていう三角関係。 クラブW杯で北中米といえばそのほとんどがメキシコのクラブなんですが、メキシコ代表の対大陸の対戦成績を見てみると上記内容に結構一致していて、アフリカ勢とは互角、アジア勢には強いという結果になっていました。やはり相性ってあるんですね。

メキシコ代表の対大陸対戦成績

メキシコ代表の対大陸対戦成績

来年ももちろん行われるのでしょうが、ここからの10年でこの構図が変わっていくのかどうか。そろそろアジア勢のサプライズも見たいです。

上記で紹介した表はこちらに掲載中
クラブW杯 地域別成績

メキシコ代表 対戦成績

最新記事

記事画像
2020/04/05 12:26:00 SoccerD.B.を作った理由
記事画像
2019/02/21 12:17:16 2019Jリーグ主審リスト
2018/12/30 18:44:44 SoccerD.B.的2018年振り返り

掲載年別

タグ別