Soccer D.B. BLOG

欧州CL決勝出場選手とワールドカップの成績

2014/07/18 09:27:00

本日はこのようなお題で。前からちょっと気になっていたのですよ。欧州CLで活躍した選手で、そのままW杯で優勝or活躍する例って少ないんじゃないかなーと。

ということSoccer D.B.にデータを入れてる02年以降だけですが、調べてみました。

01-02決勝出場選手とW杯

2002

2001-02CL決勝出場選手とW杯に登録された選手の一覧です。★マークはその年か前年にバロンドールやFIFA最優秀選手賞を受賞した選手に付けています。 この年はCLの決勝が5/15でW杯の開幕が5/31です。

優勝候補だったフランスが1点も取れずに去るという大会でしたね。CL決勝で見事なボレーを決めたジダンでしたが、確かテストマッチで負傷して1試合しか出れず。。一方、前評判がそこまで高くなかったドイツですが、CL準優勝のレバークーゼン勢の活躍もありW杯準優勝に。ロベルト・カルロスとルシオがW杯優勝を経験しました。

05-06決勝出場選手とW杯

2006

この年はCLの決勝が5/17でW杯の開幕が6/9です。W杯で優勝したのはイタリアですが、イタリアの選手で欧州CL決勝に出場した選手はいませんでした。準優勝したフランスからはアンリのみ。この頃はロナウジーニョの時代でしたが、たいして活躍できずブラジル代表もベスト8止まり。全体的にベスト16が多いですね。

09-10決勝出場選手とW杯

2010

この年はCLの決勝が5/22でW杯の開幕が6/11です。前回に続いてCL決勝出場&W杯優勝を果たした選手は0。ちなみにW杯優勝はスペインです。CL準優勝のバイエルンからはドイツ、オランダの選手が好成績を収めました。優勝したインテルはなぜかベスト8止まりが多いです。

13-14決勝出場選手とW杯

2014

今年です。CLの決勝が5/24でW杯の開幕が6/12でした。CL優勝を果たしたレアルマドリーからはケディラがW杯優勝。ただケディラは負傷でシーズンの大半を欠場していますね。ディマリアの奮闘も讃えたいところです。W杯終盤の負傷が悔やまれます。CL決勝がスペイン勢同士の対決だったためスペイン人が多いですが、スペイン代表のW杯の結果はみなさんご存じの通りです…。

まとめ。法則があると断言するほど何かが見つかったわけではないですが、やはり欧州CLとW杯の双方で活躍しタイトルを得ることがいかに難しいかが分かります。

2006年以降のW杯ではイタリア、スペイン、ドイツと自国にビッグクラブを持つ代表チームがW杯で優勝しているわけですが、CL決勝では彼らのクラブは顔を見せていません。2006年のミラン、2010年のバルセロナ、2014年のバイエルンはすべて準決勝で去っています。この辺りも興味深いですね。

最新記事

記事画像
2020/04/05 12:26:00 SoccerD.B.を作った理由
記事画像
2019/02/21 12:17:16 2019Jリーグ主審リスト
2018/12/30 18:44:44 SoccerD.B.的2018年振り返り

掲載年別

タグ別